ウドゥー を 9 ステップ で 実行する

Index

Step 6Step 7Step 8Step 9Info

ウドゥーする体のばしょは“それぞれ1回から3回まであらいます(あたまとみみをのぞく)

STEP 6.

ぬれた両手で、頭全体をなでます。前(前頭部)からはじめて、後ろ(うなじ)へ、そして次にから後ろから前へとなでましょう(1回のみみ)。
ぬれた両手で頭をなでます。前から後ろ、後ろから前になでます。

ぬれた両手で頭をなでます。Tokyo Mosque Wudu Step 5

前から後ろ、後ろから前になでます。

STEP 7.

指で両耳の内側をぬぐい、おや指でうら側をぬぐいましょう(1回のみ)。

頭をなでた後の同じぬれた手で、両耳をぬぐいます。Tokyo Mosque Wudu Step 5

耳の内側をひとさし指で、うら側をおや指でぬぐいましょう。

STEP 8.

まず右足をきちんとあらいましょう。
くるぶしも、指の間もあらいます。
指の間は、左手の小指を出し入れしてきれいにしましょうよう。

お顔を、まんべんなくぬらしましょう。たてはひたいの先からあごの先まで、きちんとあらいましょう。Tokyo Mosque Wudu Step 8

よこは、片方の耳からもう一方の耳までをあらいましょう。

STEP 9.

左足もきちんとあらいましょう。くるぶしも、指の間もあらいます。指の間は、左手の小指を出し入れしてきれいにしましょう。

左足の指先からくるぶしまで、まんべんなく水でぬらしましょう。Tokyo Mosque Wudu Step 9

足のよこもあらいましょう。左手の小指で、指の間もあらいましょう。

Info

「ウドゥー」のドゥアー(おいのりのことば)
「アシュハドゥアッラーイラーハイッラッラーフ
ワフダフラーシャリーカラフ、
ワアシュハドゥアンナムハンマダンアブドゥフワラスールフ」

「ウドゥー」をなくしてしまうもの

  1. おなら、おしっこ、大便。
  2. ぐっすり眠ること。
  3. ちょくせつ陰部にさわること。
  4. 失神や発狂などによって、いしきをうしなうこと。

ウドゥーがなくなったことをはっきりと分からないばあい、
たとえうたがいがあっても、ウドゥーをやりなおすことはありません。