ある街を思い描いてみてください。

人々が生活する部屋に爆弾が、食卓にのぼるものは飢餓です。

わが家から離れなければならず、難民キャンプへたどり着いたものの平安とは程遠い環境にいる多くの人々。国際的にその使用が禁止され廃棄処分とされている化学兵器が老若男女に関わらずその身の上に使用されました。救済の中心となっている援助グループは抑圧されている人々へのアクセスを断たれ、基本的な救援を102日間にわたって届けることができませんでした。飢餓の逆境に加えて冬の到来により寒さとの闘いもあります。国連はこの街に「食料のない街」という名前を与えたほどです。

ほぼ全ての病院が破壊された街で、普通のビルの地下室が手術室へと様変わりし、手の指で数えることができる程に減少してしまった医者の数、負傷者への治療は追い付かず、患者の痛々しいエコー音は治療薬を求めながら幾度もの朝を過ごしています。

トルコ宗務庁とトルコディヤーナト財団は、いまアレッポで起こっていることを傍観するのではなく、抑圧され迫害を受けている人々のために、NGO組織に呼びかけて新たなキャンペーンを始めています。

「アレッポで人道を死なせない」というスローガンで始まったキャンペーンをサポートすることにより、この人道危機に対し反対の声をあげることができます。

キャンペーンに対する皆様方のご協力とご支援をお願い致します。

締め切り:2017年1月5日24:00

銀行名:三菱東京UFJ銀行

口座名義:宗教法人 日本・ディヤーナト

支店:代々木上原

支店コード:137

口座番号:0039747(普通)

————————————————–

銀行名:ゆうちょ銀行

口座名義:宗教法人 日本・ディヤーナト

支店コード:018

口座番号:72407151(普通)

コード:10140

 

また、冬の季節に厳しい状況にある兄弟姉妹たちに、冬の雨や地面の泥から守るためにブーツの寄付を皆様にお願いする次第です。

私たちの主はバカラ章267節でこう言われています。

「信仰する者よ、あなたがたの仕事が得られたものと、われが大地からあなたにたてて生産したものを惜しまず施せ。悪いものを図って、施してはならない。目をつむらずには、あなた(実)さえ取れないようなものを。アッラーは満ち足りておられ方、讃美されるべき御方であられることを知りなさい」

この節に則り、皆様が寄付される物品が新品ではない場合、必ず洗って着用可能な状態であるようにお願いします。

(物品が届けられた際には当職員がその物の状態を確認させていただきます)

詳細はこちらへ 電話:03-5790-0760 メール:info@tokyocamii.org

「アレッポで人道を死なせない!」