وَإِذَا سَمِعُوا اللَّغْوَ أَعْرَضُوا عَنْهُ وَقَالُوا لَنَا أَعْمَالُنَا وَلَكُمْ أَعْمَالُكُمْ سَلَامٌ عَلَيْكُمْ لَا نَبْتَغِي الْجَاهِلِينَ (55)صدق الله العظيم

حديث أبي هريرة -رضي الله تعالى عنه- قال: قال رسول الله -صلى الله عليه وسلم
مِنْ حُسْنِ إِسْلامِ الْمَرْءِ تَرْكُهُ مَالا يَعْنِيهِ

尊敬すべきムスリムの皆様にとり、祝福に満ちた金曜日でありますように。
私たちの全能の主は、以下のアーヤ(節)においてこう述べておられます。「また、つまらない談話を耳にする時、かれらは身を引いて言う。『わたしたちには、わたしたちの行いがあり、あなたがたには、あなたがたの行いがある。あなたがたの上に平安あれ。わたしたちは真理を拒む者を相手にしない。」
また、私たちの預言者(彼の上に祝福と平安あれ)は、ハディースにおいてこう語っておられます。「本当に、イスラームの人の素晴らしさとは、自らに関わりのないことからは立ち去るということである。」

兄弟、姉妹の皆様!
信じることは、責任を引き受けることです。この意味において、私たちに授けられた、すべての祝福に対して感謝することが必要です。私たちに授けられた、すべての機会に対して責任を持つことが必要です。これらの機会や資源を、私たちの主のために、そして人類の利益のために活用し、また保護することが、私たちにとって最も重要な責任なのであります。
このような考え方に従うなら、私たちの舌は、嘘ではなく真実を語るためにあるべきです。私たちの言葉は、明白な虚偽ではなく、真実であるべきです。私たちの目は、煽動や悪意に対してではなく、良いことや、平和に対して向けるべきです。私たちの手は、悪ではなく良いことに向かって差し伸べるべきです。私たちの意識は、邪悪さや醜さではなく、善良さや美しさを周囲に放つべきです。私たちの心は、憎しみや恨みを広めるのではなく、愛と慈しみ(いつくしみ)を伝えるべきなのであります。

金曜日のお祈り - ホトバ「「浅薄(あさはか)さを捨て、信仰とイスラームを体現することについて」」
金曜日のお祈り – ホトバ 「「浅薄(あさはか)さを捨て、信仰とイスラームを体現することについて」」

兄弟、姉妹の皆様!
神のみ使い(彼の上に祝福と平安あれ)は、こう語っておられます。「審判の日、アーダムの子らは、次の五つ(いつつ)のことが明らかにされない間は、主の御許(みもと)から離れることはできないだろう。すなわち、どのように人生を過ごしたのか、青年時代には何を学んで過ごしたのか、何をして財を稼ぎ、また何に費やしたのか、そして自らの知識を用いて何をなしたかである。」
尊敬すべきムスリムの皆様!
このハディースからも分かる通り、私たちはまたたく間に審判の日に近づいています。この旅において、私たちの財産とは自らの人生であります。そしてそれは非常に貴重であるため、1秒たりとも無駄にすることはできません。この旅において、最大の力となるのが信仰であり、アッラーに対する服従であります。私たちの報酬は、善良な行為と行動であります。これらの全てを無駄にし、無益に浪費してしまうことこそ私たちの最大の損失であり、敗北であります。
この人生という旅において、私たちに課されている務め(つとめ)とは、軽薄な言葉や態度、振る舞いを控えることです。軽薄な言葉や行動は、私たちの心を無駄に慌ただしく(あわただしく)させ、私たちの品位(ひんい)や性格を傷つけ、やがて時を経て(へて)、私たちを捕われ(とらわれ)の囚人としてしまうのです。現世においても来世においても、私たちの助けとはならないことに時間を費やしても、何ひとつ良いこともなければ、祝福や恩恵がもたらされることもありません。むしろその反対です。私たちの時間が失われ、私たちの人生が浪費されるだけなのです。

兄弟、姉妹の皆様!
昨今(さっこん)においては、暇つぶしと称する一部の軽薄なテレビ番組やインターネット上のウェブサイト、ゲームなどが、無益な産業として成り立ちつつあります。そのような、現世にも、来世にも恩恵をもたらさないことに没頭すれば、自分自身からも、周囲からも、自分の主からも引き離されてしまうことでしょう。その人は、自分自身を兄弟たちから遠ざけてしまっているのです。しかしムスリムが、時間の恩恵を感じられるのは、現世と来世の、両方の世界にとって利益となる善良な行為に取り組むことにあります。ムスリムが、尊厳と敬意を得られるのは、自らの人間性にふさわしい言葉や態度、振る舞いを示す限りにおいてであります。

尊敬すべきムスリムの皆様!
私たちの預言者(彼の上に祝福と平安あれ)の教えをもって、本日のホトバを終わります。「おお、アッラーよ!私の目が働く悪事から、私の舌が働く悪事から、私の心が働く悪事から、あなたのご加護を求めます。おお、主よ!これらの全てから、私たちを守ってください。」