وَإِذَا سَأَلَكَ عِبَادِي عَنِّي فَإِنِّي قَرِيبٌ أُجِيبُ دَعْوَةَ الدَّاعِ إِذَا دَعَانِ فَلْيَسْتَجِيبُواْ لِي وَلْيُؤْمِنُواْ بِي لَعَلَّهُمْ يَرْشُدُونَ ﴿١٨٦﴾

兄弟、姉妹の皆様にとり、祝福に満ちた金曜日でありますように。

やがては消え去るこの現世には、苦境においては私たちを強くし、未来に対する私たちの理想に、命を与えてくれる大いなる祝福が存在します。その祝福とは、「ドゥアー(祈願)」であります。

尊敬すべき信仰者の皆様!

ドゥアーとは、自らの存在を見いだす行為であります。ドゥアーをするとき、私たちは自らの必要と限界を、また自らの身体と精神の可能性を理解することになります。自らの限度と持てる力について自覚し、自らの創造の目的と、自らの負う責任について悟ります。私たちは自らを知り、また自らの主を知るのです。私たちの主の好意を得るには、私たちの主がクルアーンにおいて、「あなたがたがわたしの主に祈らないなら、かれはあなたがたを、気にかけては下さらないだろう」と、定めておられる通りであります。

兄弟、姉妹の皆様!

ドゥアーとは、私たちが神のしもべであることを示す行為であります。私たちはドゥアーを通して、私たちが神のご意志とご命令を受け入れていることを表わします。私たちが捧げるあらゆる崇拝行為の基本とは、主に対し、そのご好意を下されるようにと嘆願(たんがん)することにあります。この嘆願こそが、あらゆる崇拝の行為に、魂と意味とを染み渡らせるのだということを、私たちは知っています。崇拝、あるいは信仰者の精神性とは、この嘆願あってこそ完成されるのであります。だからこそ、私たちの預言者(彼の上に平安あれ)も、このように言っておられるのです。「ドゥアーこそは、崇拝の精髄(せいずい)である。」

親愛なる兄弟、姉妹の皆様!

ドゥアーとは、招きであると同時に招き入れることでもあります。私たちの主は、このように告げて私たちをドゥアーへと招きたまいます。「われに祈れ。われはあなたがたに答えるであろう。」それから主は、私たちの祈りに対する答えとして「かれがわれに祈る時は、その嘆願の祈りに答える。」と告げられ、吉報(きっぽう)をもって私たちを祝福したまいます。これを自らの物事の考え方として身につけ、私たちの主にドゥアーすることこそ、私たちがなすべき全てであります。このようにして主にご好意を、助けを、恩恵を、許しを乞うことであります。

兄弟、姉妹の皆様!

ドゥアーとは、怠惰(たいだ)な者や無責任な者、常識を弁じない者や臆病な者が、ただ願望をもてあそぶということではありません。それどころかドゥアーとは、決心と努力、そして善良な意志の現われそのものであります。ドゥアーとは、ただ決められた文言を唱えるということではありません。熟考とは、意識におけるドゥアーであります。愛と慈しみとは、心におけるドゥアーであります。その一方で、許しを乞う文言を口にするだけなら、それは舌先だけの祈りです。しかし舌先によるドゥアーも、意識と心が伴わないのであれば意味がありません。実に私たちの預言者(彼の上に平安あれ)も、このように言っておられます。「必ず応えられると、心から信じて神に祈りなさい。軽薄な、無頓着(むとんちゃく)な心で祈っても、神は応えたまわない。」

Friday Prayer - Jumuah Khutba 「Those Who Forgot Allah Will Be Forgotten」
Friday Prayer – Jumuah Khutba 「A Believer’s Invocation: Prayer」

尊敬すべき信仰者の皆様!

ドゥアーとは、私たちの兄弟、姉妹に会うことを意味します。同胞どうしのつながりと、ウンマ(共同体)への愛を深めることを意味します。私たちは、自分のことばかり考えてはいきません。誰かのために祈ることもまた、受け入れられるということを知り、世界じゅうの兄弟と姉妹のためにも祈ります。私たちの預言者(彼の上に平安あれ)も、カリフ・ウマルがハッジ(巡礼)の許可を願い出たとき、このように言っておられます。「おお、兄弟よ!祈るときは、私たちのことも祈ってください。私たちのことを、思い出してください。」

兄弟、姉妹の皆様!

全能の主が私たちからドゥアーの恩寵と力を、決して取り上げたもうことがありませんように。主が私たちを、祈りに対する答えを授かる、幸福なしもべの一人として、お認めくださいますように。祝福に満ちた金曜のこの日、私たちの愛されし預言者が教えてくださったドゥアーを共に主に捧げましょう。

「神よ、あなたに乞い願います。正しい道、信仰、尊厳、寛大さを授けてください。」

「神よ、あなたに乞い願います。過ち、誘惑、悪しき性質を、私たちから遠ざけてください。」

「神よ、あなたに乞い願います。無益な知識、無感動な心、満ち足りぬ魂、そして答えられることのない祈りから、私たちをお守りください。」

「神よ、現世において良いものを、私たちに授けてください。来世において良いものを、私たちに授けてください。地獄の炎の苦しみから、私たちをお守りください。」

[i] Al-Furqan, 25/77.

[ii] Tirmidhi, Deavât, 1.

[iii] Ghafir, 40/60.

[iv] Al-Baqarah, 2/186.

[v] Tirmidhi, Deavât, 65.

[vi] Ibn Majah, Menâsik, 5.

[vii] Muslim, Zikir, 72.

[viii] An-Nasa’i, İstiaze, 21.

[ix] Muslim, Zikir, 73.

[x] Al-Baqarah, 2/201; Bukhari, Deavât, 55.